FC2ブログ

鬼平犯科帳「盗賊婚礼」を観ました。

録画しておいた鬼平犯科帳「盗賊婚礼」を観ました。
一番最初の感想は・・・皆さんお年を召されたなあということでした。それはそうですね、初回はもう20年近く前ですから。それ以前にも松本幸四郎版、丹波哲郎版、萬屋錦之介版のドラマがあるそうですがさすがに古すぎて、今回新作が放映された中村吉右衛門の「鬼平」しか観たことはありません。以前にも書きましたが私は当時かなり「鬼平」にハマり原作全24巻(24巻目は未完絶筆)を読み、ムック本なども買いました。中でも、歴史読本特別号「実録!鬼平犯科帳」という本が面白かったと思います。鬼平こと長谷川平蔵は実在の人物なので残っている資料から当時の江戸の犯罪史、風俗、刑罰や盗賊改方(とうぞくあらためかた)の組織や人事、歴史などが語られていてドラマとは違った楽しみができました。ドラマの人気が上がってきた頃原作の池波正太郎が逝去しました。「ああ、今後鬼平の新作は見られないんだな」なによりも小説のファンでもあったのでより悔やまれました。
今年の新作「盗賊婚礼」の話は知っていますが少々というかかなり演出が入っていますね。でも嫌いではありません。フジテレビの時代劇は特にこの当時から優れていると思います。いうなればリアル感でしょうか。原作にはない演出をしてもドラマがその味を決して消していないと思います。例えば「老盗の夢」。大盗賊「蓑火の喜之助」が見事に復讐を果たし死ぬ。その姿を観て「立派な(盗賊の)お頭だ」と残念がる配下の者に長谷川平蔵は「たかが盗賊よ」と冷たい目で切って捨てる。普段は人情に厚く盗賊にも情けをかける長谷川平蔵が実はまさに「鬼」たるゆえんですね。原作にはないこの演出に当時ゾクゾクしました。(ドラマを見続けていないとわかりにくい感覚かもしれませんが)フジの時代劇班(?)は素晴らしいと感じました。この時代の雰囲気に戻って欲しいというのは私個人、一ファンの思いでしょうね。
今回観てやはり時を感じました。ネコ殿こと村松同心も もうおじいちゃんに見えます。長谷川平蔵も盗賊を一人しか切りません。密偵おまさこと梶芽衣子さんも前回の特別ドラマから思っていましたがやはり時の流れを感じました。おそらく大変な異論が噴出するかもしれませんが一度新しい配役での鬼平犯科帳も観てみたいような気もします。事実かつては別の配役で鬼平犯科帳が放映されていたのですし。ただ当時、おまさは原作の描写に梶芽衣子はピッタリだなと思いましし長谷川平蔵も吉右衛門がピッタリだなあと。原作では柔和な顔に笑うとエクボができるという、決してイケメンではない雰囲気。この顔が一転「鬼」になるからいいんですよね。男のドラマですねぇ(笑)やっぱ中村吉右衛門がはまり役でしょうか。。。でもいっそ新作新配役の「鬼平」も見てみたい気がする今日この頃です。
ここで中村吉右衛門版「鬼平犯科帳」で私が考えるベスト3(本当はしぼれないんですが)の回を上げて見たいと思います。
「血頭の丹兵衛」「むかしの男」「笹屋のお熊」
全部第一シリーズですね。 第一シリーズはすべていいですね~。それ以外のシリーズでも芋酒屋のオヤジの話も好きだし「土蜘蛛の金五郎」もいいし、「泥龜」や「俄雨」も面白いし、井関録之助関係の話も・・・と本当は決められないんですけど(汗)ほぼ全部いいです。
以上、あくまで私個人の感想です。間違ってたらごめんなさい。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

♪パンツ占い♪
今日のパンツ占いだよ!
thanks font:S2G
プロフィール

ふじさきまこと

Author:ふじさきまこと
エロ漫画家 藤咲 真です。


単行本は過去12冊
(単行本化されていない作品集めると2〜3冊分ありますけど・・・)

fujimako(A)amail.plala.or.jp
お手数ですが(A)を@に変換してください。
お仕事依頼もここへどうぞよろしくお願いいたします。

FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
今日の日付入りカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード
検索フォーム