FC2ブログ

すごく偏った好みのホラー小説

以前も言いましたがホラー小説は好きで、けっこう読んでいます。作家を上げますと、井上雅彦、明野照葉、林真理子、梅原克文、山本亜紀子、高橋克彦、朝松健、吉村達也、鈴木光司・・・など。
わかる人には一目瞭然でしょうが、つまりは角川ホラー文庫のファンなわけですねw
好きな作家は多いのですが、はまったというと貴志祐介、岩井志摩子、遠藤徹・・・まだいますけど今回は一応この3人です。

岩井志摩子さんは「ぼっけえ、きょうてぇ」にはまり、「岡山女」「合意心中」「邪悪な花鳥風月」「黒焦げ死美人」など読みましたが、私は「ぼっけぇ、きょうてぇ」以外はあまりピンときませんでした。私の好みにすぎませんが「ぼっけぇ、きょうてぇ」を読めば充分な感じです。いわゆる30人殺しがテーマの「夜啼きの森」も読みましたが実録を先に読んでいたせいか、あまり来ませんでした。岩井志摩子さんは「岡山弁」でセリフを書く、コレに尽きます。自ら「私はドスケベ」と言っていますが、最近、ちょっとドスケベが行き過ぎてる感じがします。(エロ漫画家のお前が言うな!!ですけど・・・)全米で放映中止になったと言われている「インプリンティング ぼっけぇ、きょうてぇ」という映画もあるそうですが、まだ見たことはありません。

遠藤徹さんはめちゃめちゃ不条理です。そしてグロテスク。「姉飼い」という小説では、夜店で「姉」が売られている。串刺しにされ、前がはだけ、胸乳や繁みが見えていたりする。凶暴なうめき声をあげている。私はずっとこの「姉」が欲しかった・・・。こんなお話です。これはダメな人は全然ダメでしょうねぇ。
もう一作は「壊れた少女を拾ったので」。これも短編集ですが、ダメな人はきっとダメですねぇ。

貴志祐介さんはもう、有名ですねぇ。「黒い家」を読んで、そこからハマりましたw「十三番目のペルソナ」「クリムゾンの迷宮」「天使の囀り」「青の炎」を立て続けに読破してしまいました。そこからちょっと間があくのですが、「硝子のハンマー」を読みました。「青の炎」(内容はミステリー)も面白かったですが、私はホラー好きなので貴志さんにはホラーをまた書いてほしいです。貴志さんの作品で私が一番好きなのはやはり「黒い家」そして「天使の囀り」です。

と、色々書いてきましたが、実は現在ハマっているのは三津田信三さんだったりします。しかも角川文庫ではなく光文社文庫のほうだったりします。「赤眼」(あかまなこ)この短編集は久しぶりに怖かったw
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

♪パンツ占い♪
今日のパンツ占いだよ!
thanks font:S2G
プロフィール

ふじさきまこと

Author:ふじさきまこと
エロ漫画家 藤咲 真です。


単行本は過去12冊
(単行本化されていない作品集めると2〜3冊分ありますけど・・・)

fujimako(A)amail.plala.or.jp
お手数ですが(A)を@に変換してください。
お仕事依頼もここへどうぞよろしくお願いいたします。

FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
今日の日付入りカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード
検索フォーム