FC2ブログ

ちょっとツライ読書・・・。。。

この正月を利用して読みかけの本を読もうかと思いました。が、実はかなりあります。
その一部を・・・。
吉野裕子「蛇」、CGユング「オカルト心理学」、三津田信三「首無の如き祟るもの」

書店でカバーをかけてもらうと散らかった部屋中ではよく買ってきたばかりの本を無くします。見つけようと部屋の掃除をすると他の本に混じってしまって余計わからなくなったりします。
なら「カバーかけなきゃいいじゃん」とも思うのですが、自分は外出した時、特に食事に出たとき読むことが多いのでカバーをかけて貰っているのです。。。。という理由で読んでないのは最初の三津田信三「首無の如き祟るもの」だけで、他の2冊は別の理由です。

吉野裕子「蛇」これはいわゆる民俗学の文庫本です。なんか論文調なので学の無い自分には読みにくくて。。。(汗 
「蛇」吉野裕子は民俗学者として著名で他にも「日本古代呪術」「陰陽五行説」などを読みましたが・・・もちろん学がなくて読みにくい。表題にもある陰陽五行説を中心にかかれた論が多く、影響うけて「易経」も読みました。(もちろん訳本で解説つき)
土器や土偶に蛇の文様が記された縄文式土器を以前写真で観ました。解説に古代には水、そして「蛇」に対する信仰があった書かれていました。教科書にも載ってた様な気がします。でもこれがわからない・・・。何故古代人が蛇に神聖を見たのか・・・理解できないんです。
「現代の常識」は現代だからこそ通用するのであって、縄文時代には縄文時代の「現代の常識」がありますから現代人の自分からはうかがいしれない感覚だったのかもしれませんが、よくある解説として水の神と見たから、とか脱皮して新しく生まれ変わるからとか・・・なんかそんな理由から??って感じてしまって。。。

でも実際「日本書紀」「古事記」にはヤマタノオロチをはじめ、三輪山の神、それと同体とされている大国主命など蛇の神聖を匂わせる記述が多いのです。聖書を代表に世界的にも蛇の信仰は根深く、民俗学の古典、というか金字塔フレイザー「金枝篇」(本編は全然読んでないんですけど。解説本しか・・・)のいうところの死と再生の象徴と解説されていたりします。蛇に対する畏怖と神聖はなにやら人類的なもので背景にはユングの「集団的無意識」?の匂いを感じます。。。そこでCGユング「オカルト心理学」(笑)。

ユングはご存知のとおり心理学の大家で、ケンカ別れ?した師匠のフロイトと二台巨頭と言われています。
フロイトの本も学校いってる時「精神分析入門」「夢判断」を読みました。「夢判断」はよく言われるとおりヨーロッパ的で、部分的に日本人には適合しないかなと思いましたが「精神分析入門」は錯誤行為の理論が面白かった。物忘れ(特に人物の名前)というのは実は「思い出したくない」という心理の表れだ、というんです。なんとなく当たってる時もあるような気がしなくも無い(笑)
といってもフロイトの理論は現在多くが否定的にみられているそうで、一番弟子だったユングも師匠フロイトの元を離れました。フロイトは自分の後継者としてユングをみていたそうですが・・・。
(エロ漫画家としてはフロイトのリビドーは興味深いですが(笑))
ユングのほうはかなり観念的な気がします。なんせ心霊現象を認めていて、超心理学の根っこって感じですしね。ユング派の心理学入門を読んだことがあるのですがその著者には霊能力がなく「私も霊を感じたい」というようなことも書いてありました。マンガ「カール・グスタフ・ユング」によるとユング自身が心霊体験をしていて、霊媒みたいな表現も。
(河合隼雄「ユング心理学入門」を半分くらいまでしか読んでいないので詳しくはわかりません・・・)
なのでユングが霊等をどう捉えているのかを知りたくなって読んでみようかと。でも訳文が昔から苦手でして・・・(汗

三津田信三「首無の如き祟るもの」は探偵(本業は怪奇小説家)刀城言耶シリーズの怪奇ミステリーです。
いい感じです~。たまりませんわ~。でもやっぱりミステリーなんですよね~。
去年の秋に「災園」を読みました。「家」を題材としたホラー・シリーズの最後の作品との解説を読んで「三津田信三の久々ホラーだ」と期待大だったのですが「災園」はむしろミステリー色の強い「ミステリー・ホラー」でした。三津田信三さんはやっぱりミステリーが書きたいんですね。そっちの方面の知識もすごそうですし。
自分はミステリーも好きですがやっぱホラーが読みたいですね~。「赫眼」が忘れられない(笑)
とはいっても「首無の如き祟るもの」はかなりいいです。まだ途中ですけど。。。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

♪パンツ占い♪
今日のパンツ占いだよ!
thanks font:S2G
プロフィール

ふじさきまこと

Author:ふじさきまこと
エロ漫画家 藤咲 真です。


単行本は過去12冊
(単行本化されていない作品集めると2〜3冊分ありますけど・・・)

fujimako(A)amail.plala.or.jp
お手数ですが(A)を@に変換してください。
お仕事依頼もここへどうぞよろしくお願いいたします。

FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
今日の日付入りカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード
検索フォーム