FC2ブログ

「こどもつかい」久しぶりにホラーを観ました。

久しぶにホラーを観ました。と言っても病院帰りレイトショウまでフードパークで時間をつぶしてのある意味強行軍。途中で具合がわるくなったらどうするかな~と思い薬を飲みました。その為途中で眠くなり10~15分?位寝てしまいました。ので主人公の幼少部分をちょっと見逃したかも(汗)個人的に決してつまんない映画ではありませんでしたが、評価が低くなるのはちょっと頷けます。
ーーーーーーーーーー以後盛大に、ネタバレ注意ですーーーーーーーーーーーーー
ある団地で母親の死体が見つかる。3日前、閉じ込めたベランダから子供がいなくなった、と大騒ぎした母親だった。しかし子供は母親が閉じ込めたベランダにつまれたゴミ山の影にちゃんといた。周囲もそれとなく勘付いていた、その子が母親から虐待を受けている事を。しかし3日後に死んだのは母親の方。新聞記者の俊也はショッピングモールで第一発見者の女子中学生から話を聞く。と、いなくなったと騒いだ直後から母親は子どもの瑠奈を恐れるようになっていたという。その時瑠奈は奇妙な歌を歌っていたともいう。その他の中学生らに聞くと「トミーさんの呪い」という都市伝説じゃないかと笑う。

俊也の同棲相手、尚美は保育園の保母。登園に親が付いてくるのが当然である中、一人で登園してくる少年がいた。事情を聞こうと側により腕をみると煙草の火を押し当てたような跡。それを見た尚美はたじろぐが少年の手当をする。服は薄汚れ、体中キズとアザだらけ。この少年、蓮(れん)が虐待を受けていることは明白だった。帰宅時間を大幅に過ぎても迎えに来ない蓮の母親。尚美は蓮を連れて自宅マンションに向かう。ドアのガラス越しに動くものがあり、ドアノブをひねるがドアは開かない。仕方なく俊也と同棲するアパートへ蓮を連れ帰り一時家族の団欒を過ごすことになる。この時尚美は「元気がでるお守り」として自分が首にかけていたお守りを蓮に与えるのだった・・・。

これはJホラーでもストーリーホラー?ですね。監督は清水崇。言わずと知れた「呪怨」の監督ですが最近は「魔女の宅急便」のイメージも強いそうで。だからでしょうかねえ?むかしのような良くも悪くもただ怖いシーンの羅列的なJホラーではなくなってきています。清水崇の新作ホラーを見たのは「ラビット・ホラー3D」以来。この映画はラビット・ホラーに通じるものがあります。一番はコミカル&ホラーを目指した部分だと思います。コミカル&ホラーの一番の例はピエロでしょう。おどけた表情が時に恐怖をも醸し出しますから。ラビット・ホラーもアニメ「アキラ」に出てくる巨大なウサギ人形みたいな感じにしたかったのでしょう。個人的には失敗してるように感じます。いかんせん、怖くなかったのが致命的でした💦💦でもその後に「魔女の宅急便」を撮っているのであれも評価されたのでしょうか?

ホラーをストーリーにすると大抵謎解き、推理ものになります。尚美は一晩、俊也との同棲アパートで蓮を預かると「漣くんのお母さんが見つかるまで、尚美先生がママになってあげる」という一時の同情ともとれる約束をしてしまいます。しかし蓮はあの謎の歌を歌いはじめた。蓮が歌を歌うと尚美には黒マントとんがり靴の奇妙な男の姿が見える。そんな時警察から・・・蓮の母親は尚美がアパートに行ったその時、尚美が開けようとしていたまさにそのドアノブで首をつって死んでいたときかされる。蓮の母親はもはやこの世で見つかることはない。蓮は児童保護施設に引き取られることになるが抵抗、尚美に向かって「お母さんが見つかるまで僕のママでしょ」と抱き着いてくる。しかし尚美は「私はあなたのママじゃない」と突き飛ばし突き放してしまう。保護施設に向かう車中、蓮はあの謎の歌を歌い出す。と、窓の外にあの黒マントの男が・・・。尚美は保育園で自責の念に駆られていた。安易な同情は時として残酷である。そんな時、電話がかかり蓮が走行中の車の中から消えたと連絡がきた。その消えたはずの蓮が尚美の前に現れる。尚美の「ママではない 、ごめんなさい」の言葉に対し、蓮は「いいよ、もう」と、もらったお守りを尚美に返す・・・。

一方、俊也はショッピングモールでアンティークショップを開いた旧友近藤に偶然再会した。話が弾んでいる最中、店の前に一人の幼い少女が立っているのに気付く。その子を見ると近藤は突然震えだす。その少女もあの謎の歌を歌っていたのだ。俊也はとっさにレコーダーでその歌を録音した。近藤も3日後に自宅で怪死する。のちに近藤は少女が万引きしたことをネタに性的虐待をしていた事がわかった。あの謎の歌を歌う子供にうらまれる大人は3日後に必ず死ぬ。尚美は蓮にその歌を歌われている。制限時間は3日。その間に歌の謎をとかねばならない・・・。

制限時間は一週間。その間にビデオテープの謎をとかねばならない。形としては「リング」と一緒ですね。でもホラーはこう成らざる負えない。ホラーと推理ものはほとんど同じです。ただそれが現実の者か異形の者かの違いだけ。ここでは「トミーさんの呪い」こそが「黒マント=子供使い」なわけです。黒マントの珍妙な男は怨みをいだく「子供」を「使い」自分の思いをとげている。実は主人公、尚美も子供の頃母親から虐待を受けていて「子供使い」の力を使っていた(つまり母親を死に追いやっていた)のです。

幼児虐待をテーマにしたホラーで思い出すのは「着信アリ」。あれは代理ミュンヒハウゼン症候群(子供をわざと重病にして献身的な看護をし、すばらしい母親だと褒め称えられる事に快感を感じる病気)が題材でしたが最後はホラー的どんでん返しになってしまったので社会派とは言えません。が、この「こどもつかい」は「幼児虐待」がどんでん返しなく、大きなテーマになっています。ですから社会派ホラー?とも言えるかもしれません。でもよく考えると「呪怨」も介護ヘルパーのお話。ホラーにはしやすい題材なのかもしれない。「仄暗い水の底から」もそれっぽい題材でした。

ちなみに「着信アリ」シリーズは個人的に残念至極です。「2」が造られると大抵ダメダメなものですが「着信アリ2」は個人的に最悪な感じでした。日本的ホラーかと思っていたら実は原因は「台湾」にあった、「3」では「韓国」になってしまいます。個人的にはJホラーは「日本由来の恐怖」(リメイクは別として)がいいんです~、好きなんです~。。。当時、韓流などアジアブームがありましたからそれに載せる為だったのでしょうかねえ。原作、プロデュース秋元康ですからそういう展開をのぞんだのでしょうかねえ?

ピエロ的なホラーの雰囲気を出そうとしたのが、良くわかるのがラスト近くの「子ども使い」の世界の中に入り込んだ時ですね。過去「子ども使い」に囚われた多くの大人が出てくるのですが、その中にずばりピエロの恰好をした大人がいるのです。が、どう見てもジョン・ウェイン・ゲーシー。言わずと知れたアメリカの連続殺人犯。同性愛者で若い男性ばかり33人を強姦、拷問して殺害。ほとんどの死体を床下に隠していたといい、凶行が発覚し床下を捜索したところ致死性の細菌や有毒なガスが検出され発掘が難航したという恐るべき快楽殺人者。そんな人物も「子ども使い」の標的になっていた、という事でしょうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

評価の低いレビューが多いですが個人的には嫌いではありません。ただ・・・怖くない(苦笑)
清水監督は今後この路線を進むのでしょうか?でもやっぱり時々でいいから「なんだかよく意味がわからないけど怖い」というJホラーを見てみたいものです。

ちなみにジャニーズの人が出演してたとか。滝沢秀明が出ていたのはわかりましたが、その他はくわしくありません。

当たり前・・・なのかしらん?

いよいよ本格的に夏になったようです。(梅雨明け宣言出てないですけど、って最近は明けて数日してから発表でしたっけ)
自分的には嫌いでもあり、好きでもある季節です。まず「暑い」とハッキリしてるので対処がわかりやすい。微妙な暖かさが苦手で春が一番気だるいんです。ただ虫が多くなるのが最悪で、なにせ虫嫌いの自分なのに部屋には網戸がない。仕方なくエアコンかけっぱなしになりがち。。。そして半デジタル化の自分には手汗が大敵なので注意すべき季節です。ま、これは普段からの事ですがたぶんアナログ作業の漫画家さんは良く手を洗うと思います。物凄く手汗手油が気になりますので。。。そしてまた、現在の病気が発症した季節でもありました。息苦しくて咳が出て・・・起き上がると10分持たない状態が続き、これはおかしいと思い病院へ行ったのです。が、原因がわからずあちこちの病院に毎日行っていました。この季節はどうもあの時の事を思い出して・・・ちと不安にもなるんです💦💦

そういえば微妙な歴オタ崩れの自分は大きな勘違いをしていたことがわかりました。平城天皇は上御霊神社の祭神だとず~っと思っていましたが違いました。なんで勘違いしてたのだろう???というか平城天皇は御霊でもないんですね。平城天皇は桓武天皇の皇子で平安京(京都)で即位しましたが病弱を理由に弟の嵯峨天皇に位を譲り、平城京(奈良)に隠棲?しました。が、寵姫の藤原薬子やその兄藤原仲成が讒言。謀事を企てもう一度平城上皇を「天皇」にするため京都の政官たちに平安京(京都)を捨て平城京(奈良)に来るよう命じました。これに対し本来の天皇である嵯峨天皇は軍を動かし藤原仲成を射殺。藤原薬子は服毒自殺をとげます。これがいわゆる薬子の変。平城天皇は髪を下ろし出家。失意のうちに崩御しました。

こう見ると・・・平城天皇や藤原仲成、薬子は怨霊になっても良さそう・・・だから勘違いしてたのかしら???
でも、そもそも平城天皇が病弱を理由に奈良平城京に移ったのは、皇子時代にライバルであった伊予親王とその母吉子を無実の罪で落とし入れ服毒自殺(暗殺説あり)に追い込んだために二人の怨霊を恐れての事だとも言われています。事実、伊予親王とその母吉子は御霊となりそれぞれ上、下御霊神社の祭神になりました。怨霊に祟られて怨霊になることはないのかもしれません。。。いやないでしょうねえ、祟る相手もまた怨霊だし・・・。
ちなみにこの辺りの話は高橋克彦「蒼夜叉」に詳しいです。

勘違いと言えば昔の勘違いが今は皆直されて?いますねえ。教科書に載っていた尊氏像や信玄像は今は無いそうで。でも信玄像の方は当時から変だと思ってました。だって武田と言えば「武田菱」。それなのにあの画像の着物の家紋は「武田菱」じゃないんだもん。変だなと思いつつ、2種類あったのかなと思い込んでました。中学生がおかしいと思う事を専門家が長年気付かなかったって方が驚きな感じがします。ちなみに信玄は細面だったとか。死因は胃がんと言われてますからそんな事も関係してるのかな?

勘違い、勘違い・・・勘違いであってほしい事柄もある夏日です。。。

やっぱり暑くなりました。。。

7月に入り曇天が続き蒸し暑くなってきました。今年も今月から後半です。
しかしジメジメという暑さで特にお腹の調子がよろしくありません。一回に服用する薬が11種類16錠に。これだけで腹が膨れそう。。。しかもまだ足の腫れと浮腫みが取れないんです。1日3回(お昼は3種類4錠)これだけ飲んでると・・・やっぱ自分って薬漬けなのでしょうねえ💦💦


「宮本武蔵」をちょこっと読みました。と、言っても吉川英治のものではなくネット記事です。しかもちょこっとなのでカン違いがあるかもしれませんが、現在流布している宮本武蔵像は吉川英治の創作によるものが多いとか。例えば以前書いたかもしれませんが巌流島の決闘で小次郎を待ちぼうけさせたというのは創作らしいです。また武蔵と小次郎の決闘は20代の同年代に描かれる事が多いのですが、小次郎の方がかなり年上(50歳以上、ある説では70歳とも)であったという説が大勢らしいです。

とは言えこれが小説と言うものでしょう。
昔「呪禁師」のあとがきで書きましたが「小説とは真実もある嘘八百」なのですから(笑)というか創作物とはそういうもの、だからこそ面白いのかもしれません。若造とじいさんの対決じゃなんとなく微妙な感じがありますしねえ。。。
・・・ちなみに当時、これを言ったのは二葉亭四迷だったかな?とかてきとーな事を書いてしまいましたが本当は昭和の文豪・佐藤春夫の言葉で「小説とは根も葉もある嘘八百」らしいです。うろ覚えで申し訳ありませんでした。

歴史ものは本当に難しいんでしょうねえ。何故なら一番重要な「庶民の暮らし」が昔になるほどわからない。江戸時代のように庶民の暮らしが中心となり多くの文献が残された時代ならわかりますが、昔になればなるほど歴史書には「特別な事」しか書かれないからです。河原者(被差別民)だった猿楽者が室町将軍に取り入れられる過程などよくわかりません。また地方の国人の暮らしも微妙にわからない。戦乱や一揆(特別な出来事)の記録から類推するしかないところがあるのかなあと思います。

・・・って、もっと考えなきゃならん事がある初夏、雨上がりの朝でした。。。

ありえないの映画は面白い?

夏直前・・・いつもながら体調を崩しております。(特にお腹が・・・💦)しかしあんまり雨が降らない梅雨な気がします。それに毎年、6月中に1~2回は蒸し暑くてエアコンつける事があったのですが今年はまだない。7月に入っても最初のうちはエアコン使わずに済みそうかもと思っていたり。しかしカラ梅雨とも涼しい夏とも全然聞かないので個人の感想でしょうか。エアコン使用が少なくて済めばお財布的にも健全ですからねえ(笑)

久しぶりに「七人の侍」を観ました。ものすごく長くて劇場上映時には中間休憩の時間があったそうです。実際DVDは前後半二枚組ですしね。う~ん、やっぱ名作。黒沢のエンターテイメントは面白いです。以前書いたかもしれませんが高校の友人に洋楽好きがおり、物凄いアメリカかぶれで邦画は一切見ないという者がおりました。「七人のガンマンが七人の侍のリスペクトだと知ってるけど、見る気起きないな。白黒の上に侍だろ?」との発言。ホント見比べろと言いたくなりました。どれほどそっくりか。もちろんアメリカと日本、新しい設定もありますが飯とパンを掲げるシーンまでカットが同じ。きっといまだに見てないんだろうなあ。(「七人のガンマン」ももちろん面白いですけど)

ちなみに最近読んだ本で「七人の侍という時代はなかった」というのを読みました。時代背景は戦国時代、落ち武者の野武士に村が襲われる。百姓なので戦い方を知らない。なので乏しい資産をはたいて侍を雇う。・・・どこが変かというと戦国時代に「百姓なので戦い方を知らない」これがまずありえないだろうという事です。完全に士農工商の身分が確定した江戸時代の百姓ならそうなるかもしれないけど、領主から足軽として徴発されていた当時の農民(百姓)は決してヤワではなかったと。確かに秀吉が刀狩りをしましたが関ケ原までは戦国時代ですもんねえ。百姓足軽が多数いた事でしょう。映画の中にも出てきますが「落ち武者狩り」も横行してたわけですしねえ。映画の中で菊千代が自分の系図(盗んだもん)を頭の勘兵衛に見せるシーンがあります。その中で系図を読んだ勘兵衛が「え~と(生まれは)天正10年(14年?)・・・」その後大笑いして「この系図が正しいならお主は当年とって一三歳」と言うシーンがあります。ということは仮に天正14年生まれで13歳だとしたら時代は1599年。つまり関ケ原の1年前です。なるほど~「百姓なので戦い方を知らない」はなかったかもしれませんねえ。。。

しかし以前も書いたように、だからといって映画の価値が下がるわけではありません。むしろこれこそが映画のだいご味かもしれません。「ほんとうかもしれない」これがいい(笑)だから自分は「口裂け女2」が好きで白石晃士作品が好きなんです。

カラ梅雨?

体調コワしまして少々休んでおりました。
気象庁によりますと6月7日に関東地方は梅雨入りしたというのですが、あんまりあめが降っている感じがしません。梅雨といえばジメジメするものですがここ関東南部では心地よい乾いた風が今日も吹いていました。今年はカラ梅雨なんですかねえ?そんなニュース見ませんけど・・・降ってるところではジャンジャカ降ってるのでしょうか?関東では北関東地域に降っていれば色々問題が起きにくいのでよいのですが、降りすぎもいけませんので微妙なところです。かつて北関東に住んでいたころ、ダムの放流サイレンを良く聞きました。鳴るのは梅雨時よりも台風時期の方が無論多いのですが、茶色の濁流が普段は清流と言われる川を流れていくのを見て「こんなんで鮎はいなくならないのかな」と思っていたもんです。しかしあの放流サイレンを聞くと何か不安になります。慣れてしまって「またか」と思う反面、不安感だけは晴れないという・・・この部分は慣れなかったって事ですねえ。

リハビリを兼ねて落書きを始めました。が、ネット環境やデジタル機器が良くそろってないので挙げるのが一苦労なのです。取り込みが兎に角めんどくさいのです。液晶タブレットが欲しい。そしてクリップスタジオ。コミックスタジオは持ってるのですが・・・思えばあまり使用しなかった💦ほとんどフォトショップですねえ、半デジタルなものですから💦💦

早くデジタル化した~い、お金があれば(苦笑)
♪パンツ占い♪
今日のパンツ占いだよ!
thanks font:S2G
プロフィール

ふじさきまこと

Author:ふじさきまこと
エロ漫画家 藤咲 真です。


単行本は過去12冊
(単行本化されていない作品集めると2〜3冊分ありますけど・・・)

fujimako(A)amail.plala.or.jp
お手数ですが(A)を@に変換してください。
お仕事依頼もここへどうぞよろしくお願いいたします。

FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
今日の日付入りカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード
検索フォーム