FC2ブログ

「プロメテウス」を観ました。

先日「エイリアン: コヴェナント」を観た際、わからないことが在ったので その前作である「プロメテウス」を観ました。

ーあらすじーネタバレしますー
2096年、主人公 考古学者のエリザベス・ショウは同僚である恋人チャーリー・ホロウエイと共にスコットランドで古代遺跡を発見。そこに描かれている謎の壁画。空を指さす人と空には和惑星系らしきもの。世界各地の遺跡からも同類のものが発見されてきていたが、今回の壁画からは実在する惑星の座標が特定された。そこははかつて地球に飛来し、人類を創生した異星人が住む惑星なのかもしれない。大企業ウエイランド社社長ウエイランドの後援により(というより指示で)科学者の調査チームが結成されエリザベスはその隊長になる。チームを乗せた調査船「プロメテウス」号は謎の惑星に到達、調査する為に惑星に着陸する・・・。

映画はその謎の惑星に到着するところから始まります。もちろん航海を管理するアンドロイドもチームにいて、それが「コヴェナント」にも出てきたデイビットです。

その惑星は異星人の死体だらけ。そしてかつては建物であったらしい遺跡の中には 多数の壺のような容器。容器中にはブラックオイルのような液体状の物質。・・・と、その後の展開ははしょります。色々あって、その物体は異星人が造った生物兵器でこの惑星はその兵器の製造基地、そして実験を行う軍事基地だった。生物兵器を造った異星人もその生物兵器によって全滅させられていた。 

そしてまたまたなんだかんだあって・・・エリザベスとアンドロイドのデイビットだけが生き残る。エリザベスは異星人の残された船に乗って異星人の母星に出発する。理由は「何故こんなものを造ったのか」を知る為に・・・。

という事は「エイリアン: コヴェナント」でデイビットが生物兵器を落として全滅させた惑星は異星人の母星だったってわけですね。つまり「プロメテウス号」が生物兵器を輸送してたわけではなく、ここで奪った?異星人の船で母星に行って、たまたま?積まれていた生物兵器をばらまいたということになるんですね。「プロメテウス」号はただの調査船でした。

エリザベスは生物兵器によって全滅した軍事基地惑星、いまだ生物兵器が蔓延しているこの惑星に「近づかないよう」「警告」を発信する装置を設置してから 異星人の母星に出発します。という事は、この軍事基地惑星が初代「エイリアン」で出てくる「警告」惑星になるんでしょうか。生物兵器はこの段階ではまだ完全ではなく、進化して「エイリアン」になります。その辺りは「エイリアン: コヴェナント」で語られています。

まあ、ちと無理やりっぽいですが 何故エリザベスが異星人の母星に向かうのかはわかります。「生物兵器を何故造ったか」そして「人類を本当に造ったのはこの異星人なのか」この二つの謎からでしょうか。

しかしデイビットが異星人の母星に生物兵器をばらまくような事になったのかは「エイリアン: コヴェナント」でも描かれていません。ばらまく以前にエリザベスは死んでいるという事をうかがわせる描写があるのでデイビットの意思か、もしくはエリザベスの遺言だったのか・・・?この辺りが次回作になるのでしょうか?(というか次回で描かれるのかしらん)でもこれでリドリー・スコットの「エイリアン」への考えがなんとな~くわかった様な。以下、自分の勝手な思い込みですが。。。初代「エイリアン」ではエイリアンとは完全な生命体だと言ってます。「体液は酸、真空中でも活動でき、生きるために狂暴にして凶悪。完全な生命体」これが「神の奇跡」ではなく 実は人間(異星人)が創り出した生命体だった。そんなものは神の創造物ではありえない・・・と言いたいのかも知れません。

欧米では人にそっくりのロボットを作るのに抵抗が大きいと以前ニュースで見た事があります。SFでは「レプリカント」(ブレードランナー)よろしく定番みたいなものですが、人に似せたものを造るのは罪、「The Creator」(神)の真似をする事は出来ないという思いが強いのだと言います。やっぱキリスト教の思想でしょうかねえ。そういえば2000年頃だったと思いますがアメリカ人の50%が進化論を信じていない、生物は神が造ったと思っているというのも見た記憶があります。これも文化でしょうかねえ。思えばアメリカはプロテスタントがつくった国ですもんね。ちなみに「The Creator」を「神」と訳したのは間違いという宗教学者の言もあります。「The Creator(ザ クリエイター)」と言う概念は日本の「神」という概念とは似て非なるもので逆に日本ではわかりにくくなると。まあ「創造主」って訳がありますしね。ちなみに戦国時代、日本にやってきた宣教師は「The Creator」を「大日」と訳したとか。「おてんとうさま」からですかねえ?それとも大日如来??でもそのおかげで「仏教の神」(神仏混交)と間違われる事に気が付き「デウス」様になったようです。当時日本には無い概念だったんでしょうねえ。。。
ーーーーーー
「プロメテウス」を観てからは「エイリアン: コヴェナント」単独で観た時よりも次回作に興味が湧いてきました。落ちは「異星人が造った者=凶悪=エイリアン」こうならば異星人が造った(まだわかってないけど)「人間=凶悪=悪」ってな感じになるのでしょうかねえ???そういえばキリスト教も性悪説ですもんねえ。。。ちといろいろ深読みしすぎかな(笑)エンターテインメントに徹してくる方が正解でしょうか。
ーーーーーー

でもやっぱ、自分は初代の「自然に生まれた凶悪な完全生命体」という方に俄然、魅力を感じるんですけど~~~。ま、単にホラー好きなだけなんです。。。(でも海外ホラーにはキリスト教は欠かせません)

エイリアン: コヴェナントを観ました。

先日、病院廻りの待ち時間に「エイリアン: コヴェナント」を観ました。

シネコンではその他「ダンケルク」「関ケ原」「三度目の殺人」と個人的に興味ある映画もやっていましてどれを見るか悩んだ末「エイリアン: コヴェナント」にしました。

いつも通りに 前情報を全然入れてないのですが「ダンケルク」は恐らく…というか100%1940年第二次世界大戦初期のイギリス欧州派遣軍がドイツ軍に追い詰められ「ダンケルク」からドーバー海峡を越えイギリス本土へ撤退したあの作戦の映画でしょう。コードネーム「ダイナモ作戦」だったっけ???ウォーゲームやシミュレーションだとドイツ海軍が貧弱すぎて阻止できないんですよね。というかイギリス海軍が強すぎてと言う方が正確かな。史実は確かヒトラーの命令ミスが最大の原因でしたでしょうか?もちろんすごい興味があったんですが当然字幕。。。最近は特に字幕を読むのが億劫で「映画は読みたくない、観たいんだ!」と勝手な理屈をつけて吹き替えしか観ない自分。興味マンマンでしたけど断念。

「関ケ原」はもちろん徳川家康の天下分け目となった関ケ原の合戦ですよね。前情報を見てないのでわからないのですが合戦だけの「天と地と」みたいのだったらやだなあ…と思い止めました。

関ケ原はその前夜までの謀略と政略にその神髄があるように思うんですよね。実際司馬遼太郎「関ケ原」なんか上中下巻の3冊。「徳川家康」が1冊なのに関ケ原を語るには1冊では無理だったんでしょうね。読んでいるのですが細かい所は…忘れました(汗汗)思えば「世に棲む日々」(吉田松陰、高杉晋作)「竜馬がゆく」(坂本龍馬)も全巻読んでいるのですがもう忘れてる。。。実は明治維新はあまり好みじゃないんです。。。でも何故か「燃えよ剣」(新選組、土方歳三)は結構覚えてる。

昔は不思議だと思っていた事なのですが「天下分け目」と言えば「天王山」(山崎の戦い)なんですよね。なんで「関ケ原」じゃないんだろうと。しかし思えば「関ケ原」は「豊臣家大老の徳川家康」と「豊臣家奉行の石田三成」(名目上は大老毛利輝元)との戦いなんですよね。つまり「豊臣家臣の内紛」になるわけです。山崎の戦いも織田家臣同志の戦いですけど一方は弑逆者。というか「三日天下」とも言われる通り一応は天下取ったことになってるのかしら?だから関ケ原より「天王山」なんだろうなあと勝手に納得してます(笑)つーか、単に「天王山」の方が先だったからでしょうかねえ。関ケ原の時代でも「ここが天王山」とか言ってそうです。
そういえば関係ありませんが「頑固一徹」とか全然意見を曲げないような事を「一徹」と言うのは斎藤家家臣の稲葉一鉄から来てるそうです。稲葉一鉄が無類の頑固者だったからだとか。それにしては…織田方の調略(確か竹中半兵衛)に乗って内応してしまう所があるとか、なんか微妙(笑)。主君龍興への換言が受け入れられなかったと言うのが遠因ですが換言の方を「一徹」したのかしらん?(信長家臣になって後、褒美の信長の「信」の字を固辞した逸話からでしょうか)

「三度目の殺人」は映画館のモニターで宣伝動画を観て物凄く観たくなりました。当然日本語なので字幕は無い。しかも主演?が役所広司。かなり迷ったのですが監督が「誰も知らない」の監督と出てきたので…「う~ん、今はそんな気分じゃないなあ」と思い止めました(ストーリーがちがうから雰囲気も違うんだろうけど)

そして「エイリアン: コヴェナント」の吹き替え版を観る事に。監督も初代「エイリアン」のリドリー・スコット。正統な?続編だろうと期待してました。
ーーー微妙にネタバレありーーー
内容は続編でなく 初代「エイリアン」のその前のお話。確かに雰囲気は初代に近い。でも微妙にわけが分からない所があるなあ…と思ったらその前に「プロメテウス」(リドリー・スコット)という作品がありその続編なのです。自分は「プロメテウス」を観ていないので微妙に分からない所はあるものの、ストーリー自体は初見でも難はありませんでした。というかストーリーは初代「エイリアン」とほぼ同じ。植民惑星にコールドスリープしている乗組員15名と入植者2000人を運んでいる「コヴェナント」号。一人アンドロイドのウォルターだけが船の管理していた。途中、惑星の誕生によるニュートリノ爆発に出会い「コヴェナント」号は損傷。ウォルターは乗組員15名を目覚めさせ船を修理…している途中に謎の通信を受ける。その通信元を探るとそこには居住可能な惑星があり、そこから流れてくることがわかった。乗組員はその惑星を調査することを決め小型艇で惑星に降りる…。

初代「エイリアン」では「謎の通信」を資源運搬船ノストロモ号のメインコンピュータ「おふくろさん」が発見(アンドロイドもコールドスリープしている)乗組員をコールドスリープから目覚めさせその発信元を探らせる。そこには何者かに食い破られた異星人の死体があり、通信内容を解読すると「この惑星には近づくな」という警告だった…という流れ。すごい似ています。

今回の通信元は10年前に行方不明になった「プロメテウス」号。通信を行ったものはプロメテウスに乗っていた唯一の生き残り?アンドロイドのディビットだった。遭難した「プロメテウス」号の積荷は生物兵器。その生物兵器が破損で漏れて、この惑星の動物全てを殺しつくしてしまった。しかしアンドロイドは生き物ではないのでディビット一人がこの地で生き残っていた。このアンドロイド・ディビットは「コヴェナント」号のアンドロイド・ウォルターより前の製造(初期型)だが同型なので外見はそっくり。しかし後継のウォルターは初期型のディビットより感情が複雑でないと言う。この辺りの理由はきっと「プロメテウス」で描かれているのでしょう。ともかくそっくりなアンドロイドが2体。ディビットに不信を持ち話し合ううちに この惑星に生物兵器をわざとばらまき 動物を死滅させたのはデイビットだとウォルターにはわかってしまう。今回の通信も人間(生物)をおびき寄せる為にデイビットが仕掛けたものだった…。

もうこの辺でラストの展開は読めました(笑)ま、二子のトリックの定番ですね。後は観てのお楽しみに。
ーーーーーーーーーーーーーー
多分テーマは人類の創造。神の領域の話ですね~。

今回の作品では初代「エイリアン」に直接つながらないので多分、もう一作くらい作るつもりなのでしょう。確かに初代「エイリアン」の雰囲気はありましたが やっぱ初代には近づけませんねえ。というか初代「エイリアン」はSF「ホラー」ですから。エイリアンが動くのを感知するセンサーの「ピッ、ピッ」という音がすごく怖い。突然「ピピピピピピーッ」と急速に…そして音が消える。純粋にホラーです。しかし続編はホラー要素はほとんど消え[SF]だけになっていきます。二作目のキャッチコピー「今度は戦争だ!!!」にどれだけ落胆したことか…。初代のCMキャッチコピーは(ちょっと「未知との遭遇」っぽい)「第一次接近遭遇…警告、危険アリ」とか「宇宙ではあなたの悲鳴は聞こえない」とかほんとホラーですね~物凄く好きでした。メイン・コンピューターも吹き替えが「おふくろさん」。今回は「マザー」だったのでそこも少し残念。でもあの映像で「おふくろさん」は合わないかな。またリドリー・スコットにしては珍しく、人間味があるシャワーシーンがあります(ほんのちょっとだけ)

これを観て、わからない所があるのでとりあえず「プロメテウス」を観てみようと思いました。そして・・・

「ダンケルク」か「関ケ原」にしとけばよかったかな…とちょっとだけ思いました(苦笑)ちなみに「コヴェナント」とは「契約」と言う意味の古い英語らしいです。

メールが変になりまして。。。

ウィンドウズ10のお付きのメールが変になりました。

ウィンドウズの警告から「fujimako@の環境が最新ではありません」というナゾの報告が。
「なんじゃらほい?」と思ってメールを開けてみたらメールを受信してくれない(汗)いまだにパソコン初心者の自分はプロバイダーに電話で聞いたり販売店のサポートに電話したり・・・。

結果、メール用のソフト自体に不具合が出てるかもしれないと言われ「初期化」がいいと。それはきついです。「ではチェックポイントに戻してみては?」そうしたら復旧しました。一安心しましたがチェックポイントが一か所しかなかった。なんかwin7の時は数か所あったような気が。。。

とりあえず謎の不具合は知らないうちに謎のプログラムをダウンロードしてたのだろうと言われまして。全く記憶にないのですが・・・そういえば。すごい久方ぶりに見た無料エロ動画サイトがなんか面倒くさくなってたなあと思い出しました。あれかしらん??でも結構有名なサイトだと思うのですけれど、あれ。

しかしながら・・・メールあんまり来ないから支障が少ないという(苦笑)でも、こんな調子ではやっぱり永久に初心者です。。。

う~ん、やっぱ難しい事ですねえ。。。

右足の腫れが全然引きません。
痛風にしてはちょっと長すぎると思いかかりつけ医に行ったところ大学病院に行くように言われました。でも・・・遠いんですよねえ、というか遠すぎます。なかなか行きにくい。

動画を観ていて思う事。最近、多く出てくるのが「ブーメラン」です。
まあ、政治の世界で今やこの武器が多く出てきますが(特に某野党)学問?の動画にも時々見られる気がします。最近、ある学者?さんにハマって良く見てるのですが、この方は戦国武将や歴史から例えを持ってくることが多い。動画ですのでいつの発言かはわからないのですが歴史から例えを引くのはやめた方がいいのかもしれないなあと思いました。「人間は表面だけ見てちゃダメよ」って主張なので特にそう感じられてしまいます。

昔ってある意味今より合理的だった部分もあるんじゃないかなと感じるんです。例えば戦国末期から江戸時代の石高制。1石とは1年間に一人の人が食べるコメの量。それが取れる面積が一反。そして10反が一町になります。しかし歩で測ることもでき、300歩が一反でもありました。加賀100万石前田家。これは1年間で100万人が養える(米だけの話ですが)大名という事です。ちなみに一万石=250人という公式?もありました。一万石の大名は250人の兵を出せるという公式です。実際には時代や地域によって上下しますけどほぼこれが平均だったと言われているようです。ですので桶狭間の合戦の時。織田軍は3000人だったというので織田信長は多分12万石。対する今川軍は公称4万、実数24000~27000位だったので今川義元は100万石。最近は奇襲ではなく正式対峙?だったという説もあるそうですが戦力差は約10倍でした。

ちと話がそれましたが昔だってかなり合理的で むしろ昔の方がわかりやすい事もあるように思うんですよねえ。ただ古いとしてしまう事もまた「表面だけ見てちゃダメ」な感じがするんですよねえ。。。

ちなみに封建的とされる長男相続もまた歴史の要望だった部分が多い気がするんです。
例えば鎌倉時代の武士は平等相続でした。場合によっては女子にも相続権があったと言います。武士は家門を維持するため子沢山でもあります。それを平等に相続させてしまっては大地主でも結局小作人沢山の状態になってしまいます。特に武士は幕府から命令されれば軍事や作事(築城など土木建築)に出向かなければなりません。その際の出費はすべて自前。そのために幕府から土地の権利を認められているのですし。しかし平等に相続だった為に小作人沢山の状態になってしまい破産する武士が多数出てしまいました。そういう武士の不満がたまっている所に元が来襲。勝っても恩賞をくれない幕府(防衛戦なので土地を取ってないので仕方ないんですが)に益々不満がつのり結果鎌倉幕府は崩壊しました。

そこで室町時代になると惣領制になります。惣領制とは沢山兄弟がいるうちで「一番優秀」な者が全てを継ぎ、残りの兄弟は家臣になってそれを盛り立てるという制度です。全てを継げる者を惣領と言いました。ちなみに今では長男の事を惣領とも言いますが(私も良く言われました)正確には違います。だって長男が「一番優秀」とは限りませんから。一見、優秀な者が全てを継ぐという理屈にも合う合理的な相続法のように見えますが これがとんでもなく問題でした。例えば父が三男を「一番優秀」だと見て「惣領は三男だ」と決めたとします。これに長男、次男が「わかりました、弟が後を継いだら私たちは弟の家臣になります」と簡単に承諾するでしょうか。実際そうはならず長男、次男は反旗を翻し骨肉相争う「お家騒動」に発展しました。こうなりやすいので多くの場合やはり長男が跡継ぎになるのですが・・・結局、惣領制です。弟が「俺の方が優秀だ」と思えばやっぱり内乱になってしまいました。室町時代の大大名のほとんどに内乱が起こり骨肉相争い衰退してしまったのです。それは戦国時代を招いた応仁の乱が将軍家の後継問題に各大名の後継問題が絡んだものというのにも表れているのかもしれません。

これらを一挙に解決する方法が長子相続でした。バカでもアホでもとにかく長男が継ぐ。弟は家来。これが徹底されれば内乱は起こりませんし、大大名が分割されてしまうような事も起こりません。有能な弟は兄を助ければ良いのです。これを徹底したのはやはり徳川家康でしょうねえ。有名な逸話があります。2代将軍秀忠と正室の江は長男の竹千代より次男の国松の方が優秀だったので3代目は次男の国松にしようと考えていました。それを聞いた家康は隠居所の駿河から江戸城にひょっこり「遊び」に来た。家康は上座から竹千代、国松兄弟に謁見します。長男竹千代には「竹千代どの」と敬称付きで呼び、手ずからお菓子を与えました。それを見た国松が近づこうとすると「国松は待っておれ!」と叱りつけました。そして国松には「菓子じゃ。受け取れ」と言って放ってよこしたと言います。これは言外に「3代目は長男竹千代、国松はその家来」と秀忠、江夫妻に示したものでした。この竹千代が後の三代将軍家光、国松(国千代)が駿河大納言忠長です。南条紀夫「シグルイ」で忠長は殺生大納言として血に飽いた残酷なお殿様に描かれています。が、最近ではちと眉唾ではないかという説もあります。試し切りや辻斬りを好んだのは若き家光の方という説も有力。思えば殺生関白として処断された豊臣秀次も秀吉に血を分けた秀頼が生まれた為に汚名を被らされたというのが本当っぽいですしねえ。有力者を処断する理由に「残酷」というのがこの時代多すぎるように感じます。忠長も兄家光から切腹を申しつけられました。

また話がそれましたが こういう理由で長子相続が一般的になっていき、戦前まで続きました。これを「封建的で不合理」というのは「表面だけ見てちゃダメ」と言う人の言葉とは・・・ちょっと、う~んとも感じてしまうんですよねえ。まあ平等と言うなら鎌倉時代、合理的と言うなら一番優秀な人を選ぶ室町時代でしょう。でもここまで考えて例を出すのも逆に大変かもとも思ったりして・・・。やっぱ、難しい。。。

動画を観ていて思った事

最近、ある学者?さんの動画を観ていて思いました。その学者さんの言葉では
「日本人は政治でフェステバルのように騒ぐのが好きだ。もともと政治をまつりごとと言うのはそうだから」
・・・と言うような事を言っている動画でした。う~ん、確かに最近の選挙などはお祭り騒ぎ(フェステバル)のようだけど例えとしては適切じゃないような・・・。

日本が政治の事を「まつりごと」というのは古代、天皇が神事をする事自体が政治だったからでしょう。国家鎮護がいい例で、天皇陛下が国家鎮護を神に祈り祀ることが政治そのものでした。

例えば鎌倉時代の元寇。元軍と鎌倉武士は勇猛に戦い、2度目の弘安の役の時にはあまりにも鎌倉方の攻撃が強く、陸上で野営する事が出来ず船に戻ったところ、そこに台風(神風)が襲い元軍は全滅したのです。(一回目文永の役の時は台風はなかったという説が有力)これは明らかに鎌倉武士の奮戦のお陰でした。しかし皮肉な事に純粋な防衛戦だった為、一坪の土地も取ってません。だから防御に奮戦した武士たちに充分な恩賞(土地)があたえられず、その不満が鎌倉幕府崩壊に向かってしまうんです。
しかもこの時、武士だけでなく公家(貴族)も鎌倉幕府に恩賞を求めました。何故なら「神風が吹いたのは我々が神を祈りたてまつったからだ」と言う理由です。これもなんか大雑把な例えですが、こういうのが貴族の政治であり「まつりごと」なるのですよね。

しかもこの時代、朝廷は院政(天皇よりその父である上皇が政治の実権を握る事)でした。こっちの方がわかりやすいですね。そもそも何故、院政が始まったかと言うと天皇は「まつりごと」が多く、実際の政治に中々集中できない。そこで天皇をやめた上皇が実権を握ることで 天皇は「まつりごと」に専念、上皇が実際の「政治」をするようになったのです。もともとは藤原氏対策だったわけです。摂政、関白(藤原氏)を有名無実化する為の制度でした。

こういう事から今でも政治を「まつりごと」と言うのだと思います。ですので・・・フェステバルが好きだからという例えには向かないなあと感じますねえ・・・。
♪パンツ占い♪
今日のパンツ占いだよ!
thanks font:S2G
プロフィール

ふじさきまこと

Author:ふじさきまこと
エロ漫画家 藤咲 真です。


単行本は過去12冊
(単行本化されていない作品集めると2〜3冊分ありますけど・・・)

fujimako(A)amail.plala.or.jp
お手数ですが(A)を@に変換してください。
お仕事依頼もここへどうぞよろしくお願いいたします。

FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
今日の日付入りカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード
検索フォーム