FC2ブログ

エイプリルフールですけど寒い・・・。

今日から4月・・・今年も1/4に入りました。
サクラサク4月・・・というのに連日冷たい雨が降り春の陽気は感じられません。最高気温も10度以下の日があり、まるで真冬のよう。

以前も書きましたが春という季節は個人的に大嫌いで体調も悪化しがち。でも今年は冷春?のせいか、あまり体調が崩れません。お陰でブログを書く回数も増えました(笑)

不確かですが2年ほど前、太陽黒点の異常の記事を読みました。確かニュースでもやっていたと思います。太陽黒点の数が異常に減り、黒点が全く無い日も観測された。黒点とは太陽表面で温度が低い部分でそこから強力な磁場が形成されています。この黒点は十数年尺度で増減を繰り返し、黒点が多い時は太陽活動が活発である証拠です。逆に少ないという事は太陽活動が停滞、もしくは縮小している証拠になります。太陽はほぼ10年周期で活動の上昇、下降を繰り返すのですがこの黒点の数によりその活動内容がうかがえるのだそうです。

この太陽黒点、発見したのは確かガリレオ・ガリレイ。ガリレオの晩年の失明原因はこの太陽の黒点観測のせいだと言われています。太陽観測を手製の望遠鏡そして裸眼で行っていたからでしょうねえ。そりゃ目がダメになります。。。実はこの黒点の発見から現在まで、太陽の黒点の数はず~っと観測が行われていて、16世紀からのデータがあります。

その観測データにより17世紀中頃から18世紀始めにかけて、黒点が極端に少ない年が続き中には黒点が全く観測されない日もあったそうです。この太陽活動の極小期を発見したエドワード・マウンダーの名前にから取って、特に「マウンダー極小期」と言います。

このマウンダー極小期が始まって数年後、冬でも凍る事がなかったロンドンのテムズ川が完全に凍り付きました。その厚さは10頭立ての馬車が平気で通れる程だった。冷夏が続き人々は夏でも冬服を着ていたとか。気象学者はこの時代は小氷河期だったのではないかとも言っています。ちなみに江戸四大飢饉のうち三つまでが(寛永、享保、そして天明は大飢饉)このマウンダー極小期にあたります。火山の噴火や虫害もありますが、根本にはこの気象異常があったのかもしれません。

近年の黒点減少ももしかしたら・・・マウンダー極小期みたいになっちゃうんですかねえ💦マウンダー極小期中でも2,3年太陽活動が活発になった年があるようですが、全体を通して黒点は極端に少なかったという事です。現代小氷河期もちょっと現実味を帯びたような気がしないでもないです。。。温室効果よりやっぱ「恵みの太陽」の活動に地球は左右されるんでしょうねえ。。。

ちなみにこれらの知識はもはや20年前「銀河宇宙オデッセイ」からです。ので、今は違ってるかもしれません・・・。。。

アマゾンからの紹介をしようと思ったのですが

実益も兼ね自分の作品なり、今まで読んだ作品なりをアマゾンから紹介しようとバナーの契約??をしてみたのですが・・・

ーーーー思った通りの本が出せません💦

まだまだやり方がわからないので、当分このままで。。。
表示の仕方もよくわかりません。下の方にしたかったのに・・・。
アフリエイトってあんまり良いようには言われないようですが・・・今は仕方ない😿
また邪魔である様なら消そうかとは思います。

やっと「応仁の乱」を買いました。

やっと「応仁の乱」を買いました。
病院帰りに某大手ゲーム等量販店で平積み。ここの本屋はすこ~しだけ流行りからずれるのであるだろうなあと思っておりました。

以前読んだ記事によると「一番わかりやすい応仁の乱の本」となっていた気がしますが、思った通りある程度日本史を知っていないとちょっと難しい本かもなあとも思いました。前文で「けっこう知ってる普通の人でも応仁の乱と聞かれれば、室町幕府が衰え戦国時代が始まった乱、程度だろう」様な事を書かれているのですがその程度の人に「明応の政変」や「強訴」があまり説明なく書かれてあるのはキツイかもとも思います。やっぱ「ある程度知ってる人」でなくては辛いかもなあと感想を持ちました。

ちなみに「明応の政変」とは応仁の乱の後の明応2年、11代将軍の足利義稙を管領(幕府No2)の細川政元が自分の意が効く足利清晃に変えた事件。清晃はこれより足利義澄を名乗り12代将軍になりました。このクーデターを操った細川政元は「半将軍」と言われました。

細川政元は面白く大守護大名家の主人で管領ありながら修験道、特に飯縄法の修験者であったために30超えても妻を持たず、孔雀明王法を極めていて空を飛べると当時は信じられていたんですよね。そんな術師ですが結局、反対派に暗殺されちゃうんですけど。空を飛んで逃げればよかったのに(苦笑)しかも死後、妻がいなかった為に応仁の乱よろしく細川家の跡継ぎ争いが起こり、細川家は衰退していくんです。

ちょっと話がそれましたが、だがしかし、確かに読みやすく面白い。特に室町期から戦国時代の寺社勢力、つまり宗教勢力がドレだけひどく、宗教権威を笠に着て横暴をしたかという事もわかります。お寺さんが自分勝手な論理で僧兵を繰り出して勝手な戦争をしたかが書かれています。前述の「強訴」とは比叡山が有名ですが比叡山の日吉大神の神輿を僧兵が担いで(神仏混交なので)幕府や朝廷に無理やり訴える事です。僧兵たちは京都に火付けしたり乱暴狼藉を働きますが神輿のおかげで手が出せませんでした。しかも比叡山の僧兵兵力は大大名にも匹敵してて、他の仏教寺を気に入らないと攻めたりしてました。後に神仏を恐れない織田信長の比叡山焼き討ちもしゃーないと改めて思わせます。

またまた話がそれましたが、最近の研究で「戦国時代」の始まりはこの「明応の政変」(細川政元による室町幕府失墜、下克上旺盛)からではないか説が有力になったそうです。が、著者はどうやら「戦国時代の始まりはやっぱり応仁の乱だ」と言いたいのだと思います。自分も同感というより、そっちの方がいい(笑)

以前も書きましたが日本の3つの大戦を挙げて 壬申の乱 応仁の乱 大東亜戦争 この中で一番日本を変えたのはどれかと言う質問がありました。1位は圧倒的に大東亜戦争でした。次は壬申の乱。応仁の乱は一番評価が低かった。これは応仁の乱がとても判りにくい乱だという理由もありそうです。しかし昭和の日本史の大家の中には「日本史を仮に二分するなら応仁の乱以前と以後になる」この乱以前と以後は価値観が全く変わったと言う。

たぶんこの本この視点で書かれているのでしょう。とにかく「戦国時代は応仁の乱から」がいいです~(笑)
この時代好みであればおススめの本ですね~。

病院はしごの日(涙)

今日は病院はしごの日です。待ち時間よりも何よりも最近、薬代がホントにバカにならない。健康は重要ですよ~、お財布的にも😿

お隣の国がマジでローソク集会?をノーベル平和賞に推薦するとかという記事をネットで見ました。
すごいな・・・取れるのかしらん?

でも最大の勘違いは民主主義は民衆主義とは違うということが解っていないということでしょうか。

不思議な・・・国家??

お休みの今日 個人的にはすこ~~し気分が優れず、ネットの動画を見ておりました。

お隣の国で大統領が弾劾されました。日本の新聞はすべて一面で伝えたとか。
それに対してお隣の国のネットでは「民主主義の勝利」「日本には出来ないこと」「日本はうらやんでる事だろう」と評していると言います。

これって大きな勘違いではないでしょうか?

以前にも書いたと思いますが民主主義の基本は基本的人権です。これを「多数の意見」だからと言って無視することは許されないのが民主主義です。その基本的人権を守るのが法であり裁判所なわけです。お隣の国ではその裁判所が「法より民衆の意思に従う」という態度を取ったと言います。これはまさに民主主義ではありません。ただの衆愚政治に他ならないと思います。なのに「素晴らしいことだ」と思い込むのは何故なんでしょう??これを朝〇新聞は評価したそうです。言いえて妙・・・かつての学生運動を思い起こすからではないでしょうか。「労働者階級(ボルシェビキ)」が「資本家(支配階級)」を大勢で打倒する・・・10月革命にも似た「共産主義革命」を思い起こさせるから評価するのではないでしょうか。

弾劾された大統領も決して正しいわけではないらしいですが、法の下に平等でなくてはならないのに大衆が無視をしてそれに裁判所が同調するとは・・・もはや法治国家の姿でもないのではないでしょうか。なんか「ノーベル平和賞が取れるから、申請しよう」という意見もあるようですが「民主主義」としては取れないでしょう。でも「ノーベル平和賞」がものすご~~~く政治的な賞だというのは周知の事実ですから、もしかしたらそういう意味でとれるかもしれないですねえ(笑)
♪パンツ占い♪
今日のパンツ占いだよ!
thanks font:S2G
プロフィール

ふじさきまこと

Author:ふじさきまこと
エロ漫画家 藤咲 真です。


単行本は過去12冊
(単行本化されていない作品集めると2〜3冊分ありますけど・・・)

fujimako(A)amail.plala.or.jp
お手数ですが(A)を@に変換してください。
お仕事依頼もここへどうぞよろしくお願いいたします。

FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
今日の日付入りカレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード
検索フォーム